マンション管理士・修繕アドバイザー・防火管理者(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋ほか)

パートナー募集
お気軽にお電話下さい!
コラム
トップ » コラム » その他 » 設計監理者と施工業者との馴れ合いや癒着を防ぐにはどうすれば良い?

設計監理者と施工業者との馴れ合いや癒着を防ぐにはどうすれば良い?

2013.1.15~メルマガ第26号~

【今回のお題:設計監理者と施工業者との馴れ合いや癒着を防ぐにはどうすれば良い?】

残念ながら設計監理者と施工業者(修繕工事に材料メーカー含む)との馴れ合いや
癒着を100%防ぐことは困難ですが、当社サービスでもある
「セカンドオピニオン(管理組合アドバイザー)業務」で実践しているやり方を
以下に記します。

1)設計監理者の選定基準を厳しくする

 例えば、

・過去の大規模修繕工事実績に施工業者名を出させる

・特定の施工業者との癒着・馴れ合いの噂のある会社を選定しない

・見積単価(人工と言います)が著しく安いところ(人工15,000円~20,000円)は
 採用しない
 →安い単価の分、施工業者からマージンをもらい帳尻を合わせていると容易に想定できます。

・見積に当たり施工会社と名目如何を問わず一切の便益供与などを受けず、
 違反した場合は受け取った報酬全額を返金する旨の誓約書を提出させる

2)設計監理者に施工業者の選定を依頼しない

 設計事務所(一級建築士)の技術は買うけれど、施工業者の選定は
 管理組合が独自に行うことで、工事費コストと品質のより正しい選定が
 可能となります。
 

 当社ではこれらの支援として「セカンドオピニオン業務」
 (理事会・修繕委員会のアドバイザー)を行っていますが、
 これは管理組合の利益(修繕積立金)を守るための一つの方法だと
 確信しています。

(次号へ続く)

 
※セカンドオピニオン業務とは?
http://e-sumigokochi.net/category/1571438.html

※設計監理業務をはじめました!
 http://e-sumigokochi.net/category/1571440.html
 

以上「男の料理(あんかけ野菜ごった煮)作りにはまっている☆」深山州でした!


トップページへ
【多くを語らずⅡ】へ

アーカイブ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
キーワード
00toppage おススメ!スタッフ記事! デベロッパー倒産と管理会社・管理組合 マンションいろいろ マンションバルコニー(ベランダ)・専用庭と管理組合との関係 マンション大規模修繕を成功に導く9か条 マンション管理・修繕全般 マンション管理士に必要な「7箇条」 マンション管理組合と生活音・騒音トラブル対処法 マン管士・管理会社を志す方へ 代表のプチコラム 備忘録 小規模マンションの管理組合運営の問題点とアドバイス 理事会・総会運営ノウハウ 管理会社(管理組合数)ランキング 管理業界ニュース 管理組合の歴史は『戦争と平和の歴史』そのものだ 総会・理事会・委員会の現場から
東京・渋谷本社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-33 渋谷三信マンション603
大阪オフィス
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀1-4-12 立売堀スクエアビル8F
名古屋オフィス
〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2丁目23-9-506
埼玉(川口)オフィス
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5階
  • メールでのお問い合わせ
  • お気軽にお電話下さい
© メルすみごこち事務所

無料相談