マンション管理士・修繕アドバイザー・防火管理者(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋ほか)

パートナー募集
お気軽にお電話下さい!
コラム
トップ » コラム » その他 » 標準管理規約の改正とマンションへの影響①

標準管理規約の改正とマンションへの影響①

2016.3.24~メルマガ第100号~

[今号のお題:わかりやすく!標準管理規約の改正とマンションへの影響①]

◆管理規約と「標準管理規約」って何?

皆さんのマンションには、必ずマンション内ルールである「管理規約」があります。この管理規約に則り、理事会はマンション運営をしなければなりませんし、組合員もこれに則りマンション運営に協力しなければなりません。

管理規約はマンションが新築した際に、分譲会社が(管理会社に作らせて)用意します。新築後は、この管理規約を管理組合で自分たちの運営しやすいようにカスタム(改正)することが可能です。

さて、この管理規約、マンションごとに分譲が会社が一から作っているわけではありません。マンション管理を管轄する国土交通省が、管理規約の「雛形」「見本」を用意しています。

それが[標準管理規約]です。

◆標準管理規約が改定された

この管理規約の「雛形」「見本」である標準管理規約が、3月14日に改正されました。
改正されてもあくまで「雛形」「見本」ですし、すでに皆さんのマンションには既存の管理規約がありますので「それがなにか?」と思うかもしれませんが、マンション管理業界には結構大きなニュースです。

なにしろ、ほとんどの分譲会社は「標準管理規約」をたたき台に新築マンションの管理規約を用意しますし、多くの管理会社は「標準管理規約」と「あなたのマンションの管理規約」とに差分があれば、マンションごとの実情に関係なく、標準管理規約に合わせるような改正を提案する可能性があるからです。
世の中のマンションルールのスタンダードが変わる=マンション管理組合を取り巻く環境が変わる可能性がある、ともいえます。

管理規約の「雛形」「見本」である標準管理規約の改正は、世の中のマンション管理の流れを反映しています。
次回から、具体的な改定内容を記してみます。

※(参考)新しい標準管理規約はこちら!

クリックして001123378.pdfにアクセス

(続く)

※マンションのルールを見直したい!マナーブックを作りたい!
住み心地向上コンサルティングはこちら!

https://e-sumigokochi.com/mokuteki/kiyaku/

以上、「メルマガ100号は大竹編集長のお尻叩きがないと成り立たない」仲間にも感謝 深山 州のコラムでした!

アーカイブ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
キーワード
00toppage おススメ!スタッフ記事! デベロッパー倒産と管理会社・管理組合 マンションいろいろ マンションバルコニー(ベランダ)・専用庭と管理組合との関係 マンション大規模修繕を成功に導く9か条 マンション管理・修繕全般 マンション管理士に必要な「7箇条」 マンション管理組合と生活音・騒音トラブル対処法 マン管士・管理会社を志す方へ 代表のプチコラム 備忘録 小規模マンションの管理組合運営の問題点とアドバイス 理事会・総会運営ノウハウ 管理会社(管理組合数)ランキング 管理業界ニュース 管理組合の歴史は『戦争と平和の歴史』そのものだ 総会・理事会・委員会の現場から
東京・渋谷本社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-33 渋谷三信マンション603
大阪オフィス
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀1-4-12 立売堀スクエアビル8F
名古屋オフィス
〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2丁目23-9-506
埼玉(川口)オフィス
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5階
  • メールでのお問い合わせ
  • お気軽にお電話下さい
© メルすみごこち事務所

無料相談