マンション管理士・修繕アドバイザー・防火管理者(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋ほか)

パートナー募集
無料WEB相談も受け付けています。お気軽にお問い合わせ下さい。 03-6416-5197 受付時間:月~金10:00~17:00
メールでのお問い合わせ
コラム
トップ » コラム » マンション管理会社 » マンション管理士としてカンニングするポイント

マンション管理士としてカンニングするポイント

≪マンション管理コンサルタント(管理士)を目指す方へ伝えたいこと≫

僕たちが子供の頃、学校の先生に
「カンニングはダメ」と教わった。

では、大人になってもカンニングはダメか?

大人になったらカンニングはOK。
特許以外の真似はOK、というのが
大人の、社会のルールになっている。

どこかの会社が新しい商品を出すと、
他社が追随して類似商品を出してくる。
これが当たり前の世界。

これは個々の仕事にも当てはまる。
この時代、僕や先輩、他社、お客様、インターネットの情報など、
カンニングできる機会はいっぱいある。

ここで、カンニングするときのポイントを一つ。

決して表面だけをカンニングしないこと。
先人の言動の『真意』をカンニングすることが重要。

なぜこの答えになるのだろうか?
どうしてこの場面であのような対応を取ったのだろう?
なぜこの文章にこんな一文が盛り込まれているのだろうか?

「先輩が書いた答え」
「上司が話した言葉」といった、
表面的な部分だけのカンニングは、ただのテクニック。
その場は繕えても、ちょっと応用問題がでると答えられなくなる。

カンニングは、深堀りして初めて意味がある。
なるほど!がある。ひらめきが生まれる。
さらなる改良のしがいがある。

表面だけのカンニング=模倣は、貴方の身にならないばかりか
貴方の評価・魅力を下げるだけです。

マンション管理士で活きるには
『深堀りしたカンニング』が必要です。

マンション管理士 メルすみごこち事務所

アーカイブ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
  • メールでのお問い合わせ
  • 電話受付時間:月~金10:00~17:00 03-6416-5197
© メルすみごこち事務所

無料相談