マンション管理士・修繕アドバイザー・防火管理者(東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋ほか)

パートナー募集
お気軽にお電話下さい!

コラム

トップ » コラム » マンション修繕 » 管理組合コンサルタントと心理学

管理組合コンサルタントと心理学

ある顧問先マンションの理事さんと電話で話をしていて、理事さんから鋭いご指摘を頂きました。

「深山さんの仕事って、心理学が一番必要なんじゃないかしら?」

ドキッとしました。
これ、当たりです。

以前別のブログタイトルに「マンション管理士はカウンセラー!?」とつけたくらい、この仕事には心理学(特に集団心理学のようなもの)が参考になると思っていました。

私自身は法学部法律学科卒で、心理学を本格的に学んだことはありません。

心理学に影響していると思われるのは、中谷彰宏の本を50冊読み漁ったことと、マンション仲介業、マンション管理業と新卒以来出会った諸先輩方のアドバイスを参考にしている程度です。

今ではそれらが活きているように思え、ありがたいと思うようになりました。

この仕事で一番難しいのは、
管理組合という組織の集団心理と言いますか、個々の組合員の心理を同じような方向へ導く心理と言いますか、このあたりが非常に大変です。

心理学というにはおこがましいレベルですが、これからも皆さんのお話に耳を傾け学んでいきたいし、あとから同業を目指す人たちに少しでも還元できればと思います。

マンション管理士 メルすみごこち事務所

アーカイブ

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
  • メールでのお問い合わせ
  • お気軽にお電話下さい
© メルすみごこち事務所