お知らせ

2010.01.18

マンション管理=成人病予防

管理組合運営の難しいところは、
多くの組合員の無関心・低関心がマンションの改善を遅らせることです。

マンション管理は目に見えるものでなく、触ることができるものでもなく、良し悪しが実感しづらいものです。

そして、

「皆さん(組合員)の多くが無関心でも、建物が急に崩れることはなく、設備が急にストップすることもない」

ために、皆さんに問題意識が産まれにくいものです。

しかし、この「管理組合運営」を長期間放置しておくと、、、

先日、お客様より次のようなメールを頂きました。
(一部割愛)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

深山様

色々とありがとうございました。

「○○管理」の××氏に”至らぬ説明”をし、色々なアドバイスをいただきました。

最後に「ズブズフ゛ですね」の言葉をもらって帰路に。

家で日航の株価のニュースをみながらハッと気がついたことが。

「物事には手遅れという事があるのだ…。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうです。
適正な管理組合運営を怠り相当期間が経過したマンションでは、
「手遅れ」という事もあるのです。

私は常々、

「管理組合運営の改善がなぜ必要か?それは、成人病にならないための『予防』のためである。」

とお話ししています。


マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション管理士ってカウンセラー!?ブログ

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート