お知らせ

2010.01.04

子供を通じて学ぶ

我が家の愚息は3歳8ヶ月。
すくすくと育っています。

彼はとても一途です。(赤ちゃんだから当たり前?)

ふと、最近私は子供に対して、注意(小言)が増えてきたように思い、
ちょっとくどいかな、、、と、振り返ってみました。

・おもちゃの後片付けが雑になっているとき
「もっと丁寧に片付けなさい」

・後片付けをしないで次のアクションに移ろうとしたとき
「片づけが終ってから次のことをやりなさい」

・いろんなことに手当たり次第チャレンジしようとしているとき
「どれかひとつに絞ってやりなさい」

・何の前触れもなくいきなり突拍子もない行動にでたとき
「何をするのか話してから動きなさい」

こんな注意を口うるさくしていました。

いや、待てよ、、、

これって、、、

今までの(特に昨年の)私じゃん
(>_<)

ハッとしました。

子供は私の「映し鏡」かもしれません。

危ないあぶない、

原点に戻る。
原点に戻る。
原点に戻る。

正月早々、いろんな気付きがあるものですね。
本当にありがたいです。感謝。

今年は、適度なスピードを出しながら「安全第一」で進みます。

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート