お知らせ

2006.05.07

マンション(仕事)を離れ野宿へ

Blogサイトランキングに参加中 富士山は日本人の心、と思う方は今日もワンクリックお願いします。
クリック → rannking人気blogランキングへ

山中湖の東、三国峠近くで撮影5月4日~5日にかけて、ちょうど1年ぶりの野宿に行ってきました。
妻と産まれたての子供が帰ってくる前の「こっそり旅」です(笑)。
(左は三国峠近くから撮影した富士山と山中湖です。画像をクリックしてください。)



 私の趣味のひとつに「野宿」と言うのがあります。


「キャンプ」と言った方が聞こえが良いのですが、
「着の身着のまま、行き当たりばったり、好きなときに起きて好きなときに食べ好きなときに動き好きなときに寝る」
というスタンスから、あえて「野宿」と言っています。


 今回は大学時代からの親友と3人で行きました。彼らとは大学以来恒例で、年2回程度野宿に行っています。
 今回は私の仕事の関係でちょうど1年ぶりとなりました。

 以前の私はバイクまたは自動車を持ち込んでいましたが、今はいづれも手放してしまい、仲間の一人の車で出かけます。

 今回は山中湖→時計回りに一周し三湖台で野宿→翌日は笛吹市(旧山梨市)の「ほったらかし温泉」→丹波山村経由で奥多摩→帰宅というルートです。

西湖の南、紅葉台から撮影 天気はまさに「快晴」で、写真のように雪が残る富士山をハッキリと見ることが出来ました。
(左は紅葉台から南を見た景色です。画像をクリックしてください。)

また、早朝の富士山(画像はこちら)は最高です。感動の一言です。

野宿の様子。ミヨサワ(右)とイノさん(左) 野宿の楽しみは、
1)仲間との再会
2)仲間との車中の会話
3)仲間との車中でのカラオケ大会(ただの馬鹿騒ぎ)
4)景色の撮影
5)野宿(テントと寝袋を用意)
6)食事(今回は米のほかに豚汁、焼肉。いづれも最高に美味しかった)
7)温泉(今回は甲府盆地と富士山が一望できる「ほったらかし温泉」。お勧めです。)
と言ったところです。今回も思う存分満喫してきました。
(写真は仲間です。)


 いつの頃からか、たまに野宿をしないと生きていけない人間になってしまいました。
 都会の生活から開放され脳みそに溜まった余計なものを追い出し、新たな風や発想を取り入れるのに野宿は最高の薬のようです。

 子供のようにはしゃぎ無茶をする唯一の機会であり、私にとっては絶対にはずせないイベントです。(仕事はすべてキャンセルしてでも行きます(笑)
 
 今度は北海道へまた行きたいね、と話をして別れました。ミヨサワ、イノさん、またやろう!


(ちなみに野宿をした三湖台は当事務所のシンボル犬である「メル」の飼主(当事務所顧問)のお勧めでした。本当に最高のロケーションでした、ありがとうございました。)


Blogサイトランキングに参加中 今日もワンクリックお願いします。
クリック → rannking人気blogランキングへ

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート