お知らせ

2017.04.19

(2017.5.16締切)植栽・外構改良+年間保守業者を募集します ※神奈川県横浜市中区53戸

マンション植栽の改良+年間保守業者を募集します(提案コンペ)

この度、当社の理事会アドバイザー(年間顧問)の契約先である「ロワレール横浜本町管理組合」において、管理組合運営の一環としてマンションの資産価値向上について検討した結果、建物周りの植栽・外構を抜本的に見直す方針とし、複数の植栽・造園・エクステリア会社にデザイン提案型の見積りを依頼します。

ぜひ奮ってご参加ください。

※現保守業者の継続の可能性もありますこと、ご承知おきください。

マンション植栽・エクステリアのバリューアップを検討するに至った経緯と要望

ロワレール横浜本町管理組合は、横浜市の中でも明治維新以来、歴史と文化を継承してきた中区本町地区(馬車道・日本大通り)に立地し、周囲には歴史的建造物が点在する地域です。

マンションは築19年目を迎え、建物周りの植栽は新築時からほとんど手を入れることなく、当時のままの姿をとどめています。
ここにきて、エントランスにあるタマリュウが枯れたり、高木の樹形が乱れたり、低木の枝が伸びて土壌が露出するなど、経年による美観の低下が進んでいるような外観になっています。

数年前に大規模修繕工事を終え、建物外観が新築を復元したような景観を取り戻したことで、相対的に建物周りの植栽帯が古く見えるのかもしれません。

また、1階に入居するコンビニエンスストア脇の角地部分では、買い物客がたむろしてタバコの吸い殻や飲食のトレーを捨てる被害が度々出ており、景観の一層の低下を招いております。

これらのことから、建物周りの環境を見直しし回復させるだけでなく、周囲の街並みに調和した景観づくりに貢献したいと考えております。

それゆえ、単に伸びた樹木を刈り込むのではなく、抜本的な改良提案ができる会社と、改良後の年間保守も含めた長期的なお付き合いを前提に選定することを希望しております。

物件概要およびマンション管理組合概要(現況)

管理組合名:ロワレール横浜本町管理組合
住所:神奈川県横浜市中区本町1-5-2
竣工年:1998年(築19年)
構造:鉄筋コンクリート造、地上11階建
総戸数:53戸(住戸・事務所・店舗)
現場スタッフ:管理員
分譲主:和泉エステート・山崎不動産
理事会:役員数:5名 会合:2~3か月1回
担当:理事会
決算/総会時期:8月末/10月総会
管理会社:株式会社レーベンコミュニティ
起案者:当社(マンション管理士事務所)

見積参加条件および見積依頼内容

[見積参加条件]
・神奈川県横浜市および川崎市ならびに周辺地域に事業所があること
・改良工事のほか保守(剪定等)もできる企業であること
 ※企業の事業規模は問いません。

[見積依頼における注意点]
・提案見積につける改良案は、平面図に植栽等の配置を落とし込むことのほか、イラスト・パース・写真に合成写真を施す等の方法により、理事会役員や住民が変更後のイメージを安易にイメージできる資料を付けてください。また、ライトアップも活かした提案を検討される場合は、夜のイメージも添えてください。

・以下、最低2種類の提案工事見積をご提出ください。

1)◯現在の外構(エクステリア)はそのまま維持し、植栽の改良を加えた提案(予算:100万円までとする)

2)現在の植栽および外構(エクステリア)・そして予算に配慮することなく、独自のセンスに基づく自由な提案(予算:基本的に上限300万円までとする)

※2)については、マンションの建物周りとしてのイメージのみならず、周囲の街並みや景観への配慮を考えたデザインを希望します。

※2)については、コンセプト(一言で結構です)を添えてください。
※1)2)それぞれにおいて、工事後における年間保守内容(費用・業務内容)をご提出ください。なお、ランニングコストとなる年間保守費用はなるべく低減できるような改良工事提案であることを希望します。

スケジュール

2017年5月16日(火)15:00:見積参加申込〆切
※お問い合わせフォームから見積参加希望の旨をご連絡下さい。詳細の情報をお伝えします。

※お問い合わせフォームはこちら

その後の詳細スケジュールや依頼事項は別途お知らせいたします。

※管理組合理事会の意向で、いわゆる造園専門業者ではなく、造園+改良提案力の優れた企業からのエントリーをお待ちしています。

※書類選考を通過された各社に対して理事会役員を対象とした面接(プレゼン・質疑)を実施し、植栽改良+年間保守の委託先を内定し、2017年10月の通常総会にて区分所有者からの賛成を求めます。

当社マンション管理士より

当社は、現在当マンション管理組合様と理事会アドバイザー(年間顧問)契約を締結し、今回の植栽・外構改良+年間保守会社選定の企画立案を行っています。

単に植栽を変えることが目的ではなく、改良を通じて「居住者の住み心地や快適さを提供」し、「外部区分所有者の投資効果を高め」「テナント(事務所・店舗)の集客価値に貢献し」「港街ヨコハマの町並みに溶け込む」ことができれば、との考え方で理事会と一致しています。この観点でのご提案を期待しています。

なお、選考のプロセスは組合員へ公開され、適正な選考を行います。また、上述のようなコンセプトでの見直しを考えているため、「価格」ではなく「価値」を提供していただきたいと強く考えています。

見積参加および積極的な提案をお願いいたします。

管理組合・貴社・管理会社・当社が一体となって管理組合利益の最大化が図れますよう、お互いの得意分野において協業できることを願っています。

2017年4月18日 ㈱メルすみごこち事務所 マンション管理士:武居・和田

※当社の理事会アドバイザー(年間顧問)業務はこちら

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート