コラム

築15年超えマンションと「管理会社依存症」からの脱却

マンション管理コンサルタントの深山です。

管理委託見直しコンサルティングのご相談を頂いたマンションの理事会へ出席して、
皆様から今日に至るまでの経緯をヒアリングすると、マンションが新築してからしばらくの間、
管理組合(住民の皆さん)の多くがマンションの管理・運営を管理会社へ『依存』していることを
知ります。

信頼して任せるのと、依存するのとは、管理・運営の主体
(主役と言っても良いでしょう)が

「自分たち管理組合にあるのか」
「管理会社にあるのか」

この点において、大きく違います。

マンションの管理とは何ぞや?
どう運営したら良いのか?
どこから手をつけたら良いのか?
どうやって他の住民と問題を共有すれば良いのか?

この、たくさんの?を放置したり、せっかくの興味・関心が役員の代替わりで薄れていくことで、
年を追うごとに管理会社への依存し、住民も年を取ることでますます依存度合いを高めます。

私が見てきたマンション管理組合で、
1回目の大規模修繕工事が終わるまで管理会社に
管理・運営を「お任せ」してきたマンションは、かなりの確率で

「管理会社依存症」

になっています。
ちょうど築15年が分かれ目でしょうか。

面白いのは、そのようなマンション住民の皆さんは、
個々には主体的に生きているのに、自宅マンションの運営になると
依存思考になることです。

我々は、管理組合(皆さん)の管理会社への「依存症」は何としても止めさせたい。
「管理会社へすべてを託しておけば大丈夫」という幻想から目を覚まし、
自分の力で生きて行けるような更生をお手伝いしたい。

それは一方で、管理会社との関係を本質的な信頼関係へと育てることに繋がります。

それまでずっと依存しておいて
「すべて任せてきた管理会社が悪い」
というのはアンフェアです。

まずは依存状態から脱却して、管理会社との付き合いかたを冷静に考えることが、
住み心地良と不動産価値とを内側から回復させる第一歩です。

ブログランキングにご協力お願いします!
マンション ブログランキングへ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
マンション管理コンサルタント メルすみごこち事務所

《管理組合の良し悪しが「住み心地」と「不動産価値」に影響を与える時代を創る》

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート