コラム

合意形成の前に対話がある

弊社のホームページに、

『合意形成を大切にするコンサルタント』

と謳っています。

マンション管理組合の運営にはメンバー間の合意形成が最も大切、、、との想いで、合意形成という言葉を意識的に使っています。

今日もプレゼン先のマンション理事長さんから、
『合意形成』『ファシリテーション』について質問を頂き、熱く回答してきました。

しかし、実は、昨年の後半から、
この『合意形成』という言葉に違和感を持っています。

そして現在、合意形成と入れ替わるように今少しずつ押し出している言葉が、

『対話』

です。

これは、吉田創さんの影響です。
twitter がきっかけで交流を持った同い年ですが、『対話』に対する想いの強さに惹かれました。

「マンション管理組合の合意形成コンサルタントって言うけれど、『合意形成』って、無理やり合意を形成させるってことにもなるよね。それは深山さんらしくない、しっくり来ないなぁ』

という彼の一言が、以降ずっと心に残っています。

一方、彼が目指すのは『対話』。

※吉田さんのサイトから
~~~~~~~~~

対話を通じ、仲良くなるお手伝いをしています。

仲良くとは、
「言いづらいことをあえて言う。聞きづらいことをあえて聞く」事ができる関係です。
言いたいこと、聞きたいことだけの対話ではありません。
深く関わり、お互いの気持ちを受けとめ合って、仲間を作って行きませんか?

~~~~~~~~~

合意形成がテクニックに感じ、対話は心の底からの関係構築に見えるのです。

そうだよな、、、対話、対話、僕が目指すのも対話だよな、、、

もちろん、技術としての合意形成も管理組合運営においては重要ですが、その前に持つべき基本的なスタンスとして『対話』って大切だと思うようになりました。

今では『まずは対話』を意識したコミュニケーションに切り替えて、
毎週末マンション理事会へ臨んでいます。

毎日勉強、日々前進!

ちゃらんぽらんなコンサルタント日記はこちら

マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート