コラム

「頑張る」はコミットメントではない

≪マンション管理コンサルタント(管理士)を目指す方へ伝えたいこと≫

「頑張ります!」

すばらしい言葉です。

若者らしい、ハツラツとしたコメントです。

しかし「頑張ります!」は、20代までの言葉です。

若者がお客様を口説くときの特権フレーズです。

「なにを頑張りますか?」

「どう頑張りますか?」
「どのような成果を挙げますか?」
という、具体的な決意表明(コミットメント)が必要です。

なぜか?
もちろん、ビジネスはプロの世界だから、というのもあります。

しかしそれ以上に大切なのは、

「具体的な目標を立て、皆に表明することで、自ら奮い立たせる・モチベーションを高める」

ことができるからです。

もし皆に公表して、

達成できなかったら、、、と思うと怖いですか?
上司や同僚・取引先に笑われるのが恥ずかしいですか?
家族に怪訝そうに見られるのが不安ですか?

どうぞ、一度声を大にして「言っちゃって下さい」

気持ち良いものですよ。

思ったより、周りの反応は良いですよ。

「こいつはやる気があるな」
「生意気そうだが、前向きだな」
「本当に頑張りそうだな」
「応援したくなるな」

心ある方はこう思ってくれます。

1年経ってコミットしたことが達成できなかったとき、

「ほれ見たことか」
と後ろ指を指す人間は、自分がコミットできない人です。

もちろん様々な理由で達成できないこともあります。

しかし目標を立て、皆に表明しないと、絶対に達成できません。
「○○という目標を打ち出したからには、今からどんなことをすれば良いか?」と
自発的に考える為には、コミットメントが必要です。

では、公表した目標が期日までにラクに達成したときは?

やった~!ではありません。

単にその目標が低すぎた、ということです。
弱気の目標設定は貴方を成長させません。

ものすごく高いけれど、

できるかもしれない。
高いところへ成長する為に、高い目標を立てて、コミットして下さい。
自分自身のために、コミットして下さい。

ただ「頑張ります!」は、何も宣言していないのと同じです。

頑張ります!の前に、
「○○を目標にしますか?」
そして達成するために「どう頑張りますか?」

マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート