コラム

マンション保険証券はいずこに?

マンション保険ってご存知ですか?
共用部分に事故があった時のための損害保険で、恐らくあなたのマンションでは
「管理規約上、管理組合として加入することが義務付けられている」
と思います。

この、マンション保険の証券、どこに保管していますか?

保険証券は契約者が保険すべきものです。
従って、一般的に保険代理店で保管することは禁じられています。

一方、マンション保険で管理会社が保険代理店を兼ねている場合、
管理委託契約の中で

「管理会社は掛け捨て保険に限り保険証券を保管します」

としています。つまり、掛け捨て保険の証券については管理会社で原本を保管していることが多いです。

なお、あなたの管理組合が「積立マンション保険」に加入している場合、
財産価値がある証券であることから国土交通省の通達もあり、管理会社が証券を預かってはならず管理組合(理事長)が保管することになります。

積立マンション保険は、その期間が3~10年と長く、その間に理事長が交代していくため、証券をきっちり引き継いでいく必要があります。

前期の理事長からドサッと渡された資料の中に積立マンション保険の証券が入っているか、一度確認してみて下さいね。

ちなみにマンション保険は相見積もりを取ると安くなることが多いです。一度お試し下さい。

※マンション保険見直しサービスはこちら

マンション管理コンサルティング メルすみごこち事務所

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート