コラム

「相見積もり」の意味

今日も↓↓↓ワンクリックお願いします。
ブログランキング → rannking人気blogランキングへ


突然ですが皆さん、「相見積り」(あいみつもり、『あいみつ』と略して言います)の意味をご存知ですか?

「注文を出す前に金額などを比較検討するために、複数の業者から提示させる、それぞれの見積り」 (広辞苑より)

皆さんの知識と広辞苑とで、それほど違いないと思います。



ところが。


先日、マンション管理における清掃専門会社の営業マンと、電話で次のような会話をしていました。


深 「○○マンションの日常清掃と定期清掃業務について、現行の清掃会社の品質が低く改まる様子も無いので、会社変更の提案を予定しているんですよ。で、是非御社も管理組合へ推薦しようと思っているのですが、よろしいですか?」

営 「ありがとうございます。是非お願いします。」

深 「ただ御社一社のみ推薦することは出来ないので、御社含め3社を推薦し、『相見積り』と面接で管理組合に選んでいただこうと思っています」

営 「ええ、構いません。是非当社の品質を見て納得してから決定してもらいたいです。」

深 「御社のように前向きに仰っていただける会社であれば、私も気持ちよく推薦できます。では改めてご連絡させていただきますので、詳細はその時に、、、」



電話をガチャッと置くと、隣にいた一級建築士の仲間が、

「深山さん、今電話で『あいみつ』って言ってたよね」と聞いてきました。彼は続けてこう言いました。




「建築業界で『あいみつをお願いします』って言うと、『高めの見積りを用意してくれ』ってことなんだよ」

「つまり、初めから特定の業者に工事を受注させる場合、他の業者にはその業者の提示額より高い見積りを出させて、その業者が見積りの結果として受注したように見せるため、『ダシ』としての見積りを言うんだよ」



それは知らなかったヽ(^o^;)ノ



一部ではそのような使われ方をしていたとは。「あいみつ」→「見積りを合わせる」と、こんなイメージでしょうか?


まさに談合の世界ですな。


今日も↓↓↓ワンクリックお願いします。
ブログランキング → rannking人気blogランキングへ
ありがとうございます。

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート