会社案内

はじめまして、株式会社メルすみごこち事務所 代表の深山(みやま)です。この度は当サイトをご訪問頂き、誠にありがとうございます。

以下に、少し長くなりますが私の言葉(メッセージ)をご挨拶と変えさせて頂きます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

はじめに…マンション業界を渡り歩いて思ったこと

私は不動産仲介業・マンション管理業・マンション管理コンサルティング業を渡り歩き見聞を広め、確信したことがあります。

それは、マンションを「不動産(資産)」と「住まい(心地よさ)」の両面で考える業界人が非常に少ないということです。
言い換えると、真にお客様の立場に立って仕事ができる人が少ない、となります。

新築マンションのディベロッパー(開発・分譲会社)や販売会社の利益は、「自社分譲マンションを売ること」でのみ得ることができます。
裏を返せば、売れなければ利益が出ないため、購入者のニーズというよりは「売ってなんぼ」という側面を否めません。

また中古マンションを扱う仲介業者は「売主と買主の間に入り取次ぎ(斡旋)すること」で利益が入るため、「買主」の立場だけでなく「売主」の利益も守らなくてはならず、両者に100%の力を注ぐことはできません。

しかも、購入の提案だけでなく、入居後も住み心地が良く安心できるマンションを提案するためには、営業マンにマンション管理の知識・経験が必要となりますが、新築・中古問わず不動産業者にはそれがほとんどありません。
このような現状では、「住まい」の観点からマンション購入をサポートすることは難しいでしょう。

さらにマンション管理会社は、共用部分を中心として「住まい」の観点で管理組合のサポートに当たっていますが、日々のメンテナンスを中心に「守る」ことを第一に考える業種であるため、不動産としての価値を上げるような提案力や発想力に乏しいのが現実です。

またマンション担当者の多くは、「コンサルタント」でなく「管理業務のサプライヤー(供給者)」の立場であり、提案の有無や良し悪しにかかわらず日々の業務を無難にこなすことで定額委託料を得ることができるため、積極性に欠ける点も否めません。

そして、これら不動産業者と管理業者の間では、お互いの情報交換や連携がほとんど見られないため、マンション業界全体としてなかなか良くなっていきません。
そのしわ寄せはさまざまな形で皆様(購入者・所有者(管理組合))にきています。

このような現状を受け、私はマンションを「不動産」と「住まい」の両面で考え、そのマンションの将来をイメージし幅広い視野をもってお客様をサポートするコンサルタントになりたい、と考え「メルすみごこち事務所」を立ち上げました。

種をまくことが大切(マンション業界へ新たな挑戦)

私は、数度の転職や理事会役員経験を通じてマンションを様々な角度から学んできた結果、ビジネスの観点で見えてきたことが3つあります。

①各業界で供給者と消費者とのギャップ(チャンス)がある

私には、開発業(デベロッパー)には「マンション購入者の買う人の視点」が、管理業には「そこで日々生活する人たちの視点」が、仲介業には「マンションを売りたい・買いたい人たちの視点」が、それぞれ少しずつ欠落しているように思えますし、お客様とのやり取りのなかでそう感じさせる場面を数多く見てきました。この欠落している部分、つまりお客様の視点を把握し、供給者の論理とお客様のニーズやウォンツとのギャップを埋めるサービスが、現場にはゴロゴロと転がっています。

マンションを両者の視点で見る目が養われたため、供給者側でありつつもお客様目線でサービスを考案できるようになりました。頭の中には様々なサービス構想が浮かんでいます。

②「近いのに遠い」業界間のギャップ(隙間)にビジネスチャンスが眠っている

マンション周辺業界の特徴として、関係する事業であっても、デベロッパー(開発業)とゼネコン(建設業)、管理業、仲介業はそのビジョンや体質が全く異なるため、それぞれが(例え同じグループ企業であっても)ほとんど連携していないことが挙げられます。例えば、仲介業と管理業とは体質的に「水と油」です。
少しオーバーに表現すると、仲介業者は管理業を「小銭を稼ぎ定時に仕事をきっちり止める保守的な業界」と小馬鹿にし、管理業者は仲介業を「マンションの現場を知らず口先だけのとっぽい商売」と恐れているところがあります。そのような両者がマンションという土俵で自発的にコラボすることはほとんどありません。
この両者のギャップ(隙間)を埋めるビジネスを作り出すチャンスが眠っています。

③業界とお客様との時代のギャップ(新しいビジネス)が広がっている

不動産にかかわる業界は総じてコンサバティブ(保守的)であり、時代の変化をいつも後追いしている感があります。バブルが弾け土地神話が崩壊した今でも、1件あたりの取引額が大きい(開発業、建設業、仲介業)ことや、マンション自体がなくならない(管理業)こともあり、新しいことに挑戦する機運やスピードがありません。

逆を言うと「実績主義」「クレジット(信用)」「業界経験」「義理人情」という、ベンチャー精神が入り込みにくい大きな壁がある業界ともいえます。

しかしお客様は業者の論理とは関係なく常に良いものを求めており、そのニーズやウォンツはますます細分化・高度化しています。
ここにも大きなビジネスチャンス(可能性)が広がっています。

さて、これら3つのギャップを埋めることでこの業界にはまだまだビジネスチャンスが埋もれている、と私は確信しています。

マンションに関係するお客様に評価頂けるようなアイデアを具現化する機会がようやく巡ってきました。

度重なる転職を通じ業界を多角度から見聞したり、消費者として業界を眺めてきた日々の積み重ねが今の私の最大の武器であり、新たなアイデアを考案しトライするバックボーンとなっています。
詳しくはお話しできませが、今後頭の中にある構想を少しずつ形にしていきますので、是非ご期待下さい。

設立から10年、AI化の時代にマンション管理士も私も役割が変わってくる

一方で、個々のマンション管理士に求められる役割や能力は、この10年の間に段々と変わってきて、それが加速されるのを実感します。これまで、マンション管理士には「管理会社とは異なるセカンドオピニオンとしての視点」と「マンション管理の専門知識」が求められていました。

しかし今は「インターネット」と「SNS」「手軽に扱うことができるデバイス」が当たり前のように普及し、しかも老若男女の誰もが扱える時代。
ネットを見れば情報に溢れ、理事会の場でリアルに「視点」や「専門知識」を手に入れることができ、SNSのおかげで他のマンションの理事と気軽に情報交換できる時代です。
管理会社のフロント担当者のみならず、マンション管理士の必要性も「視点」「専門知識」の点では低下しています。

さらにAI(人工知能)の時代が進めば「専門知識」をわざわざマンション管理士から入手する必要性がますます低下することでしょう。

しかし、AI時代になって多くのことが自動化される中でも必要なのは「人間関係の円滑化」つまり「ファシリテーション能力やコミュニケーション能力」です。
ここはなかなかAIに委ねられないでしょうから、マンション管理士はこの能力を伸ばすことで多くの管理組合から求められることになります。
ファシリテーション能力やコミュニケーション能力のある人材を獲得し、教育してマンションへ送り出してゆきたいと考えています。

なお、私自身は、個々のマンション管理士を育てつつ、新しいサービスやビジネスモデルを作っていきます。
つまり、人間でなければできない仕事以外は、極力AI化していくためのビジネスモデルを作っていくことで、他の業界に比べてかなり立ち遅れているマンション管理業界を活性化させ、管理組合の利益に貢献したいと考えています。

目指すべき理想の姿とは

当社は、上述したような現状において、業界全体を横断的に見渡せるコンサルティング事務所を目指しています。

その一方で、私自身は、もっと広い視点にたち、マンション管理業界へ貢献しチャンスを広げるためには、必ずしもコンサルティング業に固執することはない、とも思っています。

マンション管理士として起業したときすでに「管理会社が顧客の利益と反する事が多いからマンション管理士として起業しただけで、顧客利益に寄り添える理想の管理会社があればマンション管理士はいらない」と語っていましたが、その考え方のままに2016年(平成28年)4月には自らマンション管理会社(クローバーコミュニティ)を設立していますし、新たなプラットフォームの実験台として「マンション管理組合の学校」を立ち上げ、プロとマンション住民が垣根を取っ払い、マンション管理業界へ新しい運営の形を提案していきたいと模索しています。

マンション業界全体の向上のため、そして「不動産」「住まい」としてのマンションを皆様が安心して購入し生活できる時代を築くために、仕事の形にこだわっていません。

根本は「マンションとそこに住む人々のコミュニティーが好き」であると言うことです。

これからも一意専心、マンション業界に貢献していく所存です。

“心地よさをカタチに。マンション業界に心地よい風を。”

よろしくお願い申し上げます。

2008年(平成20年)1月15日
2018年(平成30年)9月1日 更新

代表の更なるメッセージはこちら