会社案内

なぜコンサルタントが求められるのか?

1.セカンドオピニオンとしての専門性を活用できる

インターネットの普及で情報の取り出しが容易になった今日でも、マンション管理の範囲はなお広く、また似たような課題でも、住んでいる人の構成によってマンションごとに解決方法が異なります。
また管理会社の助言に満足できないこともあります。当社がセカンドオピニオンとして専門的な回答を用意することが可能です。

2.関係者間の合意形成ノウハウを活用できる

理事会役員同士、理事会と居住者間、管理組合と管理会社間の意見の相違やコミュニケーション不足、対立などの間に入り、ファシリテーターとして問題解決を図ることができます。
また最終的な見解を第三者である当社に求めることも、合意形成をスムーズに進める方法といえます。

3.労力の削減(時間の活用)ができる

理事会としての検討時間の短縮(理事の皆様の労力削減)のためにマンション管理士を活用することも考えられます。仕事やプライベートのため、マンション管理組合の活動に多くの時間が割けない方も多いと思われます。

なぜ修繕工事にコンサルタントが有益なのか?

1.セカンドオピニオンとしての専門性を活用できる

建物・設備の修繕について皆様が専門性を有することは困難です。
また管理会社が修繕工事の見積り提出する場合、中立的な見解を求めることはできません。当社がセカンドオピニオンとして専門的な回答を用意することが可能です。

2.修繕工事費の削減と工事品質の向上に活用できる

修繕工事の見積を精査し、競争見積を導入することで、修繕工事費のコスト削減が可能です。また修繕工事の監理を第三者へ行わせることにより、工事品質の維持が可能となります。

3.長期的・計画的な修繕計画で将来安心を買うことができる

単発の修繕だけでなく、長期修繕計画や建物の定期調査を組み合わせることにより、マンションを長い目で見て安心して守ることができます。