困った! 管理組合の運営

長期修繕カウンセラー(中・小規模推奨)

中~小規模マンションの理事会に「建物・設備の専門家」を「日頃からかかりつけの医者」のように採用して、しかもリーズナブルだったら嬉しくありませんか?

月額19,800円~で当社の「長期修繕カウンセラー」を常時手元において、中~小規模マンションの「主治医」を手に入れませんか?

工事業者や管理会社から提案される修繕工事見積を何回でもチェックします。
修繕工事や設備交換工事の比較見積もりを取得し価格競争させることができます。
そもそも工事の必要性や緊急性・工法や材料の妥当性の助言を行います。
発注した工事について、工事中の立ち会い・チェックを行います。
年1~2回、定期的に建物点検を実施して定点観測を行います。
長期修繕計画を毎年チェックして修繕積立金の値上げ軽減の助言をします。
理事会/総会での説明や質疑回答はお任せください。
これらのサポートを提供し、中~小規模マンションの工事費を日頃から削減し、修繕積立金の値上げ軽減・阻止に貢献します。

長期修繕カウンセラーサービスとは、「大規模マンションのように、常設の修繕委員会を設置したり毎月のように開かれる委員会にコンサルタントを呼ぶほどの必要性はないけれど、自分のマンションのことを理解していて、必要な時にすぐ対応してくれる」、まさに「小規模・中規模マンション管理組合のカウンセラー(かかりつけの医者)のようなサポートを目指して作った年間サービスです。

当社の長期修繕アドバイザー(一級建築士・一級建築施工管理技士等)が必要に応じて見積チェックや競争見積り提案・工事チェックを行いつつ、定期的に建物点検を行い定点観測するなど、あなたのマンションの「主治医」として活動することで、リーズナブルで質の高い修繕工事を提案し、修繕積立金を多く残すことに貢献します。

※大規模マンション向けサービスは「長期修繕委員会アドバイザー」をご覧ください。

中~小規模マンションの日常修繕は長期修繕カウンセラーにお任せください!

長期修繕カウンセラー業務では、上記のような「中~小規模マンションのハード面での悩みや課題に対し、マンション修繕の技術と経験が豊富な一級建築士・一級建築施工管理技士等の「長期修繕アドバイザー」が対応します。これまで、小規模マンションや中規模マンションでは、プロの修繕技術を持った人間を採用しようにも、財政的な余裕がなく、管理会社の提案や見積もりを信じるか、単発で高いお金を支払って一級建築士に見てもらうような対応しかできませんでした。
また、居住者の中に建物や設備に詳しい人がいるとも限らず、頼る先がなかなかありませんでした。

また、建物や設備を継続的に見てくれる人を外部に求めることは予算的に不可能で、どうしても管理会社に依存するしかありませんでした。

そこで当社では、中規模~小規模マンションの修繕に関する作業を「単発で必要に応じて支援する業務」と「定期的にチェックしたり対応させていただく業務」「オプション業務」に分けて、効率的に支援できる体制を整えました。

中~小規模マンションの管理組合の皆様にぜひご活用頂きたいサービスです。

長期修繕カウンセラー 業務紹介

長期修繕カウンセラー業務では、年間を通じて具体的に次の業務を行い、中~小規模マンションの「主治医」として修繕・営繕に関する課題を解決します。

1.個々の営繕・修繕工事見積りチェック(何回でも相談可能)
日常の補修・営繕工事から、長期修繕計画に記載してあるような予算規模の大きい修繕・改修工事に至るまで、管理会社や施工業者から提案される工事見積りを当社の長期修繕アドバイザー(一級建築士・一級建築施工管理技士等)がチェックします。
・そもそも工事の必要性から、工法・見積内容の妥当性をチェックし、見積金額が高ければ妥当な額の提示を行い、管理会社や施工業者との価格相談の材料に十分活用することができ、工事費を削減することができます。
・なお、当社からの見解を管理会社・施工業者へ提示しても見積金額を下げてもらえない場合は、他社の紹介を行うことが可能です。見積もり比較を行い、リーズナブルな工事を発注しましょう。
・また、実際に営繕・修繕工事を発注し、工事が終了した後の現場チェックも本業務に含まれています。
※いわゆる工事監理業務は別途報酬が必要です。
2.建物定期検診(予算化点検。年1回実施)
この点検は、人間でいうところの「定期健診」に該当し、建物の劣化や不具合箇所の早期発見と、長期修繕計画上において近々計画されている修繕工事について、実施するタイミングか先延ばしできるか(コスト削減効果)をチェックします。
・当社の長期修繕アドバイザー(一級建築士・一級建築施工管理技士等)が年1回、同じ時期に、建物の検診を通じて劣化度合いを定点観察し、必要な修繕工事の時期を助言します。
・「管理会社から工事の提案があったから」「長期修繕計画に書かれている時期に来たから」という理由だけで修繕工事の予算組みを検討するのではなく、長期修繕アドバイザーが実際の劣化状況を主治医のごとく診させていただくことが「修繕工事の早すぎる実施によるムダな修繕積立金の支出を防ぐ」コツなのです。
・この建物定期検診(点検)結果を踏まえ、通常総会において修繕工事を予算化するかどうかの判断材料に活用していただくことから、この建物定期検診を当社では、別名「予算化点検」と言っています。
・この点検は通常総会の概ね3ヶ月前に実施します。
※いわゆる大規模修繕工事における建物劣化調査とは異なります。「マージン・リベートいらず設計監理サービス」はこちら
3.長期修繕計画の定期見直し(年1回)
前述の2.建物定期検診(予算化点検)の結果に基づき、マンションに常備されている「長期修繕計画」の内容見直しを提案します。
・長期修繕計画とは、

※参考コラム:長期修繕計画とは? はこちら

4.長期修繕計画(※)の定期更新
上記の修繕工事費削減や建物設備定期調査を行った結果を長期修繕計画へ毎年反映し、より実現性の高い計画へと修正されることになります。
  • ※マンションが将来において、「いつ」「どんな修繕工事が必要で」「いくら位必要か」といった「支出の予測」を出し、修繕積立金(管理組合にとっての「貯蓄」)は、皆様から毎月徴収する金額で賄えるのか、もし足りないなら「いつ」「いくら不足で」「どうやって埋め合わせていくか」という「積み立て」を判断するための計画を「長期修繕(積立金)計画」と呼んでいます。

導入の流れ

修繕工事費削減コンサルティング 導入の流れについて 

メールまたは、お電話でお問い合わせ下さい
電話番号(フリーダイヤル) 0800-808-8081
携帯の方は 03-6416-5197

メールまたは電話でやり取りさせて頂いたうえで、お見積をご提供いたします。
※理事会へ出席して業務内容や事例などのご説明をさせて頂きます。

原則として総会の決議を経てご発注いただきます。
※秘密保持の念書をご用意致します。

料金

基本計算として、実費(コンサルタントの人工+経費)+業務報酬 となります。
業務のご提案内容やボリューム・期間により変わります。 詳しくはお見積り致しますのでご相談ください。 なお、本コンサルティング業務は年間契約となります。

メリット

修繕工事費削減コンサルティング 導入のメリット

  • 修繕工事費のコスト削減をコンスタントに実施できる
    原則として管理会社が提案するすべての工事について、当社が妥当性や工事費のチェックを行い、必要に応じて競争見積りを取得します。そのため、修繕工事費のコスト削減を図ることができます。
  • 建物・設備の状態を毎年チェックし、根拠ある予算計上ができる
    管理会社から上がってくる見積りのチェックだけでなく、年1回、建物・設備を定期調査し、状態の確認を行います。これにより、長期修繕計画で直近に盛り込まれている修繕工事を予算案に反映させる必要があるのか、先延ばしできるのか(コスト削減)等、的確に提案することができます。
  • より精度の高い長期修繕計画への更新が可能となる
    皆様が毎月支払う修繕積立金は、長期修繕計画に基づいて計算されますが、修繕工事費の恒常的な削減や建物設備定期調査を行い、この結果をもとに長期修繕計画を毎年更新することになります。
    そのため、将来的な修繕積立金の過不足についての予測精度が高まることになり、現状や将来の財務について組合員への説明がより具体的にわかりやすくなります。

よくある質問

他のコンサルタントやマンション管理士事務所との違いは?
ハードとソフトを組み合わせたコンサルティングが可能となります。
本サービスは、「修繕工事のコスト削減」「定期的な建物設備調査」「管理会社から提案された修繕工事見積りの妥当性チェック」「長期修繕計画の定期更新」といった、修繕に関する支援を一括で行う珍しいサービスです。
管理会社に任せれば良いのではないでしょうか?
管理会社ではこのようなサービスの実現が難しいため、本サービスがうまれました。
当社スタッフの多くが管理会社出身ですが、管理会社にはこのような修繕や計画を連動させたサービスを行っているところはありませんでした。
個々の業務を単発で依頼することはできますか?
すべての業務を一括でご依頼頂きます。
本サービスは、個々の工事費削減から長期修繕計画の定期更新までを連動して一つのサービスとして設計しているため、例えば年1回の建物設備定期調査のみをお引き受けすることはできません。