お知らせ

規約を改正する際にすべきこと

平山-紹介用.jpg

「規約(法律)と団地を最も得意とする」マンション管理士、平山晃です!!

今回のお題は「規約を改正する際にすべきこと」

規約改正の支援を弊社が承ったときは、こちらで草案をお作りし、

理事会や委員会で何回かご検討いただいて

総会議案となり、総会に上程されます。

理事会、委員会での検討は、一回の会合で数時間、

それを何回か行うので、

役員、委員には相当の負担が掛かります。

管理組合のご負担も考えると、改正の議案は

スムースに議決されることを望みますが、

規約の改正はいわゆる特別決議事項であり

一般議案に比べてハードルが高く、

組合員のご理解、合意形成が上手くいかないと

否決される可能性が高いものです。

管理規約は、残念ながらあまりお読み頂けないもので

無関心である組合員も多く、

改正の背景や目的をご理解頂けないまま

改正案の一部だけを見て

例えば、

 ・理事長に権限を集約させている。
 ・理事長の独裁を許すもので認められない。

といった誤認から反対票を投じられることもあります。

改正案の詳細な議論、検討は勿論重要ですが、

その前に、

組合員全員に対して

 ・なぜ規約を改正しなければならないのか
 ・管理組合にはどのような問題があるのか

といったことを十分に報知、説明し、

ご理解を頂くことが重要です。

以上、「ホタルイカで春を満喫している♪」平山晃でした!

トップページへ

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート