お知らせ

小規模マンションで「1→2→4→8→16→全員!」

先日、当社のコンサルティングを総会で採用頂いた神奈川県大和市のマンションは、このページ「小規模マンションの処方箋」に書いた内容を自然と実践しつつある、すばらしい管理組合です。

当初、当社へお問い合わせを頂いたときは、理事長一人で孤立無援状態でした。

管理会社からの理事会支援業務は弱く、理事会が開催できない。
居住者が自分のマンション運営に関心を示さない。
住民同士の交流はまったくない。

ない、ない、、、の状態で3年を迎えていました。

それが、理事長が当社に相談に来ていただいてからわずか4ヶ月。

たっ
た一人の取り組みが副理事長を巻き込んで2名となり、有志の居住者に語らい4人になり、住民説明会で8名、16名と増え、なんと臨時総会では30名全員が出席や書面提出により意思表示をしてくれました。

それまでは居住者同士がエントランスホールですれ違っても無視だったのが、今ではエレベーターの中で会えば「こんにちは」「蒸しますね~」「寒くなりましたね」と挨拶が普通になり、非常に風通しの良いマンションになっています。

「それが一番良かった」、と奮闘された理事長。

「これから理事長だけにお任せにせず皆で助け合って頑張らなくちゃ」と笑顔で意気込む年配の副理事長。

「皆で話し合ってマンションを良くしましょう」と盛り上がる有志の皆さん。

「私、管理のことはわからないけどイベントならできるわ」と盛り上がる奥様方。

最初は小さな灯火ひとつ。

都会のマンションなんて、そんなものです。
はじめはそれで良いんです。

それが、2→4→8→16、、、とつながっていく。
後から火がついてコミュニティが成立するかどうか。
ここがマンションで気持ちよく住めるかどうかの境目です。

また管理組合として改善の道が開けるかの分かれ道です。

大和市のマンション管理組合の皆さん、これから「楽しく」改革を進めましょう、宜しくお願い致します!

※1から2、4、8、16、、、と仲間を増やしたい小規模マンションの理事さん、気軽にご相談ください。
管理組合を盛り上げるのは管理会社にはなかなかできないと思います。

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート