お知らせ

2009.12.27

慢心

仕事に慣れてくると必ずやってくる

「慢心」

神奈川県のとある顧問先のマンション理事長と接していて、「慢心があった」ことに気付かされたお話。

先日、居住者アンケートの案を作ったときのこと。
この理事長さんから、かなりの量のご指摘を頂きました。

「ここはこう直して欲しい」
「こっちの数字がちょっと見えづらい」
「この文はどういう意味?」
「こっちの文とあっちの文、話の繋がりが見えない」
「文がソフト過ぎてわかりにくい」
「この文章じゃ伝わらない」
「私がわからないんだもん、他の人もわからない」

、、、と、電話でのやり取りに30分も頂いてしまいました。

電話を切って、自分が作ったアンケート用紙を見て。

「あぁ、慢心していた!」

私のモットーとしている

「専門用語を使わない資料」
「わかりやすい説明」
「伝えるより伝わることが大事」

が、失われていた!!!

主婦の理事長だからこそ、居住者目線でシンプルなご指摘を頂く事ができました。

そして、自身の慢心に気付きました。

慣れって恐ろしいものです。
初心を忘れず、原点を大切に、、、

年末ギリギリまで学びの日々が続きます。

感謝!(-_-)

マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション管理士はカウンセラー?ブログ

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート