お知らせ

2006.07.14

ディベロッパー向けコンサルティング

久しぶりのブログ投稿となります。皆さん蒸し暑い日々を元気にお過ごしでしょうか?

さて先日ご報告しました通り、当事務所ホームページは現在リニューアル工事中です。
完了は予定通り7月下旬ですので、それまでの間、ブログ更新をお休みさせていただいております。


ところで、先日のブログでは、「マンション管理組合向け」サービスの拡充ということで、

1)管理会社見直しコンサル
2)共用電気見直しコンサル
3)管理費削減コンサル
4)理事会顧問
5)共用部分グレードアップコンサル(美観・バリアフリー・防犯・インフラ)
6)管理組合イベント企画コンサル

(いずれも仮称)

を挙げていましたが、この他に法人用コンサルティングを商品化する予定です。

それは、

「(分譲主(ディベロッパー)向け) 企画コンサルティング業務(仮称)」です。



ここ数年前から、新築マンションでは主にハード面の差別化を図るべく、各社がしのぎを削っています。

・外観の設計を著名建築家に依頼したり
・内装に有名コーディネーターを採用したり、、、
と見た目をおしゃれに飾ることはもちろん、

・ゲストルームやシアタールーム、ジム、サウナ、、、と施設を豪華にしたり
、、、と、設備の充実には目を見張るものがあります。

しかし、今は数年前とは異なり、各社がハード面に力を入れる時代であり、差別化は難しくなりつつあります。しかもそれらハードが有効に使われているかというと、ほとんど使われていないか、一部の区分所有者が高頻度で使うことによる不公平感が出てきているのが現実です。



当事務所では、上記のようなハードではなく「ソフト面」に特化した企画を立案設計し、設計段階からプロジェクトに参加します。他社マンションとの大きな差別化を図る提案をします。

すでに具体コンサル案はいくつか提案できるレベルにきています。ここでは提示できませんが画期的なコンサルティングになると確信しております。

ディベロッパーの企画担当者の皆さん、「他社に負けない」「マンション購入希望者に選ばれるような」「まったく新しい付加価値をつけて高く販売できる」「売ってからも喜ばれる」そんなマンションを作りませんか?


、、、ということで、この新業務については8月にアップ予定です。

現在はwebデザイナーに投げていますので、多少の余裕があるうちはブログを更新していきます。
ではまた!


(当事務所ホームページはこちらから


ブログランキング → rannking人気blogランキングへ
ありがとうございます。(しばらく更新しないと順位が下がりますね。900位まで転落です(>_<))

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート