お知らせ

2006.06.12

エレベーター(ローマ編)

今日も順位アップに↓↓↓ワンクリックお願いします。
ブログランキング → 
rannking人気blogランキングへ
ありがとうございます。


先日のブログで「日本のエレベーターは世界一」と言いました。何の根拠もありませんが、外国を旅行して先々のホテルやデパートなどに設置されたエレベーターに乗るたびに、実感がわきます。


さて、一昨年の夏に妻とイタリアへ言ったときの写真がありました。
滞在先のローマのホテルについていたエレベーターです。
ここからは写真付きで解説します。

これは時代を感じますね
支配人に聞いたところによると、ホテル自体は築90年とのこと。鉄の網で囲まれただけの昇降路に、木製のかごが付いています。
昇降路に巻きつくように階段が上がっていました。

初めてこのエレベーターを目にしたとき、「何かのアトラクション?」と思えるほど珍しいものでした。妻は「怖い」と不安そうだったのを思い出します。

正直、はじめはこの設備が何なのか分からないくらい、日本の一般的なエレベーターとはかけ離れた外観です。





手で開けます!扉は自動ではなく、装飾の施された鋳物でできたような重い手動ドアです。

開けるとき「キィィィィィィッ」ときしむ音がします。


おいおい、これ大丈夫??








がたんがたんと動きますかごに乗り込んでボタンを押すと、

「がたんっ、、、、、、、、、がったんがったん」と音を立てながら不安定に上昇します。

エレベーターと言うよりも、リフト?に近い乗り心地でしょうか。
何だかゲーム(バイオハザードなどになかったでしたっけ?)の世界ですね。
当然階数表示板などなく至ってシンプルなものです。かご内は薄暗い電球一つですが、かご自体がスケルトンで外の電気を受け入れるため、そんなに暗さは感じません。

「ったんがったん、、、、、ズドーン!」
と強引に停止。


降りるときも手で開ける!あれ?ドアが開かないぞ??


そうだ、手動だった(笑)
5センチ程度の段差も平気でありました。

手動ドアと言い段差と言い、重い荷物を持って出入りするのは結構きつい代物です。



安全性や乗り心地は二の次で、雰囲気を味わうのに最良のエレベーターだった気がしました。(外国に来たなって気がしましたものね)

この旅ではベネチア・フィレンツェも周りましたが、高級ホテルや外国人が繰るようなデパート・空港など別として、ほとんどのエレベーターが「狭くて暗くて揺れる
」ものでした。

最近テレビで「ロウソク(鉛筆でしたっけ)を立てても倒れないエレベーター」のCMを見ましたが、外国のエレベーターを味わうと「あれは過保護だな」と感じてしまいます。






今日も順位アップに↓↓↓ワンクリックお願いします。
ブログランキング → 
rannking人気blogランキングへ
ありがとうございます。







メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート