コラム

マンションの居住者イベントは誰のためにやるの?

ジーンときた話。

FB分譲マンション管理・運営顧問先のマンション理事会で、これまで8年間続けてきた年1回の居住者イベント(懇親会)について、このまま継続すべきか、一旦終了して見直すべきか、という議論がありました。

最初の頃から参加者(家族)が固定されている感があり、世帯数で言えば30~40%が参加、といったところでした。

管理組合の経費(組合運営費)から支出されている「公金」を使わせてもらっていることから、一度立ち止まって考えてみよう、ということに。

新規入居者へこの懇親会への声がけをしていて、参加してくれていることもあり、やっぱり居住者間のコミュニティを育て維持するのに必要、という結論になったのですが、「そうだよね」となった一番のポイントは、

「毎年の理事がイベントを企画し当日運営に汗をかくことで、理事役員間のつながりが良くなるから」

といったご意見でした。

管理組合の文化は人の心に入り、確実に継続されている!!

ジーンときた話です。
コツコツと支援して良かった。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

マンション管理・修繕コンサルタント メルすみごこち事務所

《管理組合の良し悪しが「住み心地」と「不動産価値」に影響を与える時代を創る》

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート