コラム

いつかは交代

泣ける話。僕が勝手に泣ける話。

スタッフで生え抜きのマンション管理士である小泉君が、
一人で行っている顧問先マンション管理組合の懇親会で

居住者間の懇親を目的とした
「エントランスホールでのロンドン五輪のパブリックビューイング」

の提案をして、受け入れて頂いたというのだ。

マンション居住者間のコミュニティ醸成や合意形成の促進に
貢献できる提案である。

しかもマンションのスケールメリットを活かして
エントランスホールにプロジェクターとスピーカーを設置して、
椅子を並べ、クーラーボックスに冷えたドリンクを用意して、、、、

そこに居住者が集まって、「場」を楽しむ。

彼から報告を受けたとき、
素直に嬉しかったな。

僕は現場に立ち続けるパワーは
体力的になくなってきている。

肝機能障害が出たとき、もう僕が現場の最前線に立ち続けることは
少しずつ減らしていき、スタッフにどんどん任せていかなければならない、と
思うようになってきた。

任せていかなければならない、と。

でも今は少し変わってきた。
任せていけるようになってきたのかな、と。

いつの日か、
僕がやるよりも任せたほうがずっと良い
と心から思える日が来ることを楽しみに
している。

そんなに簡単に譲るつもりはないし、
僕も勉強を重ねていくけどな~


マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート