コラム

設計事務所と管理組合員との『壁』

先日、神奈川県の超高層マンション理事会へ出席。
大規模修繕工事の設計事務所選定コンサルティング業務で、1次選考を行いました。

ここで5社から3社へ絞り込まれます。
いよいよ次回は公開ヒアリングです。


ところで、設計事務所選定を通じ、
理事の皆さんが口を揃えて指摘する『壁』があります。

この壁があるから、当社が呼ばれるのですが、、、


その壁とは、


『知識量の壁』


そして、



『専門用語の壁』



です。


これから大規模修繕工事を行う管理組合の検討メンバーは、多くが専門知識を持ち合わせていません。

修繕委員会を立ち上げるマンション管理組合ならまだしも、理事会役員だけで工事を推進しようと思うと、ほとんど素人状態です。



管理組合としては、どうやって大規模修繕をすすたら良いかわからないため、設計事務所にコンサルテーションしてもらいたいのです。


しかし、その設計事務所の使う専門用語がわからない!!


さらに、そもそもどうやって設計事務所選んだら良いのかもわからない!!!




そこで、マンション管理士に設計事務所選定の相談がきた、と言うわけです。


この管理組合が当社に求められたのは、


翻訳者、つまり通訳です。


難しい言葉をわかりやすく。
専門用語は解説する。
全体の流れを図面で。


この点で、今回の依頼主である管理組合(理事会)からは、今のところ好評価を頂いております。


大規模修繕工事に関するご相談は気軽にお問い合わせ下さいね!


設計事務所選定支援サービスはこちらをクリック!

大規模修繕専門サイト(リニューアル中)はこちらをクリック!


マンション管理士 メルすみごこち事務所

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート