コラム

バルコニーからマンション管理を見るポイント(3)

ポイント(3)

布団や洗濯物


 ヨーロッパの建物にはバルコニーのないところが多く、路地裏に建つアパートの窓から道路を挟んで前のお宅の窓に紐をかけ洗濯物を干したりしています。日本人からみると生活観のある素敵な景色に映るでしょう。

バルコニーからマンション生活が見えてきます さて日本ではどうでしょう。割と下町の、(超高層を除く)マンションが並ぶ地域では、晴れた日になると各バルコニーから一斉に布団や衣服が干されます。
 ある意味「日本の都会の風景」として定着しているのかも知れません。

 一昔前のマンションですと、天井から吊り下げ式の物干し竿架けがついており、竿には多くの洗濯物が干されています。また格子状の手すりがバルコニーの中を丸見えにしています。

 また、ここ10年くらいに分譲されたマンションでは、バルコニー壁がコンクリートになり、壁の内側に(壁が陰になって外から見えないように)洗濯物を干せるようになりましたが、日本人特有と言いますか、「布団をお天道様にしっかりと当てて干したい」と言う考えが根付いているため、特に布団や毛布をコンクリート壁にダラーンとかけて干している方も結構います。

 ここのポイントでは「ルール違反かどうか」を杓子定規に言うつもりはありません。

ただ美観や美的センスをマンション購入のポイントに挙げる方なら、大事なチェックポイントになるでしょう。

 高級マンションや割と高級な住宅街に佇む低層マンションでは、布団干しどころか洗濯物の姿も殆ど見かけません。このようなマンションを購入し布団をバルコニー壁に垂れかけたら、管理組合から即日苦情がくる、と思ってください。


ポイント(1) 「スパン」 はこちらをクリック!
ポイント(2) 「大型の物置」はこちらをクリック!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人気ブログランキング 現在23位に。
ありがとうございます。


一日1回順位アップにご協力の『クリック』を
お願いします。↓
rannking人気blogランキングへ

※ブログランキングとは?
       →
 こちらの記事をご参照ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート