コラム

マンション修繕積立金が足りない!(日本経済新聞から)

 11月6日の日本経済新聞記事1面に、
築20年以上のマンション修繕積立金不足 43%」と言う記事が掲載されていました。
 築年数の経過と共に建物・設備の劣化が進行している一方で、管理組合で維持修繕するための資金ストックを持っていないマンションが多い、と言う内容です。


この記事を読んで、皆さんにご認識いただきたいことがあります。
それは、

「修繕積立金の足りなくなるマンションは43%ではなく、もっと多い」

と言うことです。

記事によれば、アンケート対象は「NPO全国マンション管理組合連合会」の会員になっている管理組合を対象にしています。

つまり、そのような団体に属する管理組合は、維持修繕に対し前向きで意識が高いと見なければなりません。

それで43%の管理組合が「不足している」と言っているのですから、加盟していない(管理について意識の高くない)管理組合へも調査を依頼すれば、もっと違った数字になったと考えられます。

正確に統計を取っているわけではありませんが、実際に私がコンサル依頼を受けたマンションの半分以上が、今後20年でいないに修繕積立金不足になる計画となっていますし、30年でみれば9割方不足しているのが私の現場経験に基づく認識です。


皆さんのマンションの長期修繕計画はどうなっていますか?


★見方のわからない方、現状をわかりやすく分析して欲しい方、以下のサービスをご利用ください。

☆管理組合向け無料サービス始めました☆
マンション管理組合・中古マンション購入予定者向け 各種無料(お試し価格)サービスはこちら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人気ブログランキング、現在30位です。
一日1回順位アップにご協力のクリックを
お願いします

rannking人気blogランキングへ

※ブログランキングとは? → こちらの記事をご参照ください。

○1クリックで10ポイントで、1週間のポイント数の
 多いサイトがランキング上位にあがるシステムのようです。
 1日1クリックのみ有効で、熱心に2回以上押してくれても
 10ポイントしかカウントされないようですので、(お気持ちだけ
 頂いて)
一回だけお願いします。 ぽちっと ↓
 
rannking人気blogランキングへ  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート