コラム

戦乱期のマンション管理組合を救うのは「信長タイプ」の理事長

当社社へお問い合わせを頂くマンション管理組合様のほとんどが、

・管理会社との関係がうまく行っていない
・将来修繕積立金が枯渇してしまう
・特定の理事役員が理事会を牛耳ってしまう
・建物や設備が痛んでいて生活に支障を来たしている

といった、何かしらの不安・不満・疑問・トラブルを抱えています。

実際に理事会へ出席して話を伺ってみると、
問題が山積みになっていて、その問題の山を見上げながら途方にくれていたり、
議論が進まずイライラが募ったりと、まさに混乱状態です。

そして本来は管理組合(理事会)の良きパートナーであって欲しい
管理会社との信頼関係が失われてしまった場合は、まさに戦争状態です。

ところで、私は戦国時代の歴史を詳しく知りませんので
織田信長と徳川家康を勝手にイメージして話しますが、
マンション理事長には『信長タイプ』か『家康タイプ』がかなりいます。

まさに戦争・混乱状態のマンションでは、理事長に『信長タイプ』が
就任することで、事態が好転することが多いです。

戦争・混乱期には、理事長の人材に
『多少のリスクを犯してでも立ち上がり、強烈なリーダーシップを
発揮できる人』を得ていることが重要です。

・管理会社との関係がうまく行っていない
・将来修繕積立金が枯渇してしまう
・特定の理事役員が理事会を牛耳ってしまう
・建物や設備が痛んでいて生活に支障を来たしている

こういったケースでは、多少のトラブルがあっても
『解決に向けて多少血を見ても成し遂げたい』という強い意志と推進力が必要であり、
他の理事役員を引っ張っていく位の強引さやスピード感も時には必要です。

管理組合の問題には、パレスチナとイスラエルのような
『数千年に亘る根深い確執』はほとんど存在しません。
どんなトラブルも、必ず何らかの方法で解決できますが、
やはり大きなパワーが必要です。

その大きなパワーを持っているのが『信長タイプの理事長』だったりします。

マンション大規模修繕を成功に導く9か条
メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート