コラム

視野と心

s-L1210345.jpg

ブルドックのメルの飼い主!業務監理担当!矢久保譲です!!

 

今回のお題は「視野と心」

 

自動車の安全講習などでまず説かれるのは、前方や周囲への注意力の大切さです。

視野全体へ目配りしながら危険を予測できる運転が求められます。

 

初心者ドライバーは得てして視点を固定しがちで注意力の空白ができ、

危険予知が遅れるとの指摘があります。

 

ベテランドライバーが絶えず視点を前方や後方などに動かし、

周囲の状況を察知しようとするのとは対照的というわけです。

 

また、視界の限られたヘルメットを被ってオートバイを運転すると、

視野が縦長に狭くなるのが分かります。

自身を守るためにも、ライダーにはこの特性(弱点)への自覚が必須のようです。

運転になぞらえて視界や視野のことを考えてみると、

普段の仕事などでのヒアリング時の注意点に似ているな、と思います。

 

こちらに思い込みやコダワリなど固定観念があると、

視野が狭まったり、視点が固定されて、外界のサインを見落としてしまう。

 

周囲の状況が万遍なく見えるには、

こちらの心のありようが関わっているのかもしれませんね。

 

以上、「バイク乗り続け50年??明日も走るぞ!!」矢久保譲でした!!

関連サービス:理事会顧問サービスページはこちら へ

マンション管理に関するメールマガジン登録はこちら へ

トップページへ戻る

メディア実績
ニュース-シブ5時
防火ブログ
マンション大規模修繕を成功に導く9か条
賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート